『almost all of 』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

『almost all of    』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

この記事では『almost all of』の意味や類語や言い換えを例文を交えてわかりやすく解説させて頂きます。シーン別の使い方や言い換えれる表現を理解してしっかり使い分けましょう。

『almost all of』の意味と使い方とは

『almost all of』は「ほとんどの」という意味で、あるグループや集団の中でほぼ全ての対象を指す表現です。例えば、「almost all of the students」という文では、「ほとんどの学生」という意味になります。

例文

1. Almost all of the apples are ripe. (ほとんどのリンゴが熟しています。)
2. She has read almost all of the books in the library. (彼女は図書館の本のほとんどを読んだ。)

『almost all of』の日常使いでの使い方と言い換え

『almost all of』の日常使いでは、以下のような言い換えがあります。
・ほとんどの
・大半の
・ほぼ全ての

言い換え・類語の詳細

1. ほとんどの
2. 大半の
3. ほぼ全ての

『almost all of』のビジネスシーンでの使い方と言い換え

『almost all of』のビジネスシーンでの使い方では、以下のような言い換えがあります。
・ほぼ全ての
・大部分の
・ほとんどの

言い換え・類語の詳細

1. ほぼ全ての
2. 大部分の
3. ほとんどの

まとめ

『almost all of』は「ほとんどの」という意味で、あるグループや集団の中でほぼ全ての対象を指します。日常使いやビジネスシーンで使い分けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です