『5w1h』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

『5w1h』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

この記事では『5w1h』の意味や類語や言い換えを例文を交えてわかりやすく解説させて頂きます。シーン別の使い方や言い換えれる表現を理解してしっかり使い分けましょう。

『5w1h』の意味と使い方とは

『5w1h』は、誰(Who)、何(What)、いつ(When)、どこで(Where)、なぜ(Why)、どのように(How)という6つの要素を指す言葉です。これは、情報を的確に把握し、問題解決や意思決定に役立つフレームワークです。例えば、ニュース記事やレポートを書く際には、これらの要素を考慮しながら情報を整理することが重要です。

例文

– 事件の真相を明らかにするためには、5w1hを徹底的に追求する必要がある。
– プロジェクトの進捗状況を報告する際には、5w1hを意識して具体的な情報を提供する。

『5w1h』の日常使いでの使い方と言い換え

『5w1h』は日常生活でも役立つ考え方です。具体的な行動や計画を立てる際に、以下のような言い換えれる表現を使うことができます。
– 誰が関与しているか(Who)
– 何をするか(What)
– いつ行うか(When)
– どこで行うか(Where)
– なぜ行うか(Why)
– どのように行うか(How)

言い換え・類語の詳細

1. 参加する人は誰ですか?
2. 何をする予定ですか?
3. いつ実施する予定ですか?
4. どこで行いますか?
5. なぜその活動を行うのですか?
6. どのように進めますか?

『5w1h』のビジネスシーンでの使い方と言い換え

ビジネスシーンでも『5w1h』は重要な考え方です。以下は、ビジネスでの使い方と言い換えれる表現です。
– 誰が担当しているか(Who)
– 何を達成するか(What)
– いつ達成するか(When)
– どこで達成するか(Where)
– なぜ達成する必要があるか(Why)
– どのように達成するか(How)

言い換え・類語の詳細

1. このプロジェクトでは、誰が責任者ですか?
2. 何を目標にしていますか?
3. いつまでに達成する予定ですか?
4. どの場所で成果を出す予定ですか?
5. なぜその目標を達成する必要がありますか?
6. どのような手段や戦略を使って目標を達成しますか?

まとめ

『5w1h』は、誰、何、いつ、どこで、なぜ、どのようにという6つの要素を意味します。これは情報を整理し、問題解決や意思決定に役立つ考え方です。日常生活やビジネスシーンで使い方を使い分けて、効果的に情報を伝えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です