『しずらい』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

『しずらい』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

この記事では『しずらい』の意味や類語や言い換えを例文を交えてわかりやすく解説させて頂きます。シーン別の使い方や言い換えれる表現を理解してしっかり使い分けましょう。

『しずらい』の意味と使い方とは

『しずらい』は、物事が進展しづらい、進まない、順調でない、なかなか進まないという意味を表します。例えば、仕事がしずらい場合は、なかなか進捗がない状況を指します。また、人間関係がしずらいとは、円滑にコミュニケーションが取れない状態を指します。

例文

1. このプロジェクトはなかなか進まなくて、しずらい状況です。
2. 彼とはコミュニケーションがしずらくて、うまく話せない。

『しずらい』の日常使いでの使い方と言い換え

『しずらい』の日常使いでは、進展が遅い、順調でない、なかなか進まないといった意味を表す言葉として使われます。また、物事がうまく進まない状況を表現する際にも用いられます。

言い換え・類語の詳細

1. 進展が遅い
2. 順調でない
3. なかなか進まない
4. うまく進まない
5. 進捗がない

『しずらい』のビジネスシーンでの使い方と言い換え

『しずらい』のビジネスシーンでの使い方では、仕事が進展しづらい、なかなか進まない、順調でないといった意味を表します。また、プロジェクトやタスクの進捗が遅い状況を表現する際にも用いられます。

言い換え・類語の詳細

1. 仕事が進展しづらい
2. なかなか進まない
3. 順調でない
4. 進捗が遅い
5. うまく進まない

まとめ

『しずらい』は、物事が進展しづらい、進まない、順調でないという意味を持ちます。日常生活やビジネスシーンで使われることがあり、進展が遅い、なかなか進まない、順調でないといった意味を表す言葉として使われます。しっかりと使い分けて、適切な表現を身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です