『しかも』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

『しかも』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

この記事では『しかも』の意味や類語や言い換えを例文を交えてわかりやすく解説させて頂きます。シーン別の使い方や言い換えれる表現を理解してしっかり使い分けましょう。

『しかも』の意味と使い方とは

『しかも』は、前述の事柄に対してさらに追加の事実や情報を示す接続詞です。前提となる事柄の重要性を強調するときに使用されます。例えば、「彼は有能なエンジニアであり、しかも優れたリーダーシップを持っています」という文では、彼のエンジニアとしての能力が重要であることを強調した上で、リーダーシップの優れた点をさらに追加しています。

例文

1. 彼は英語が堪能で、しかもフランス語も話せます。
2. この商品は高品質で、しかも手ごろな価格です。

『しかも』の日常使いでの使い方と言い換え

『しかも』の日常使いでは、さらに追加のポイントやメリットを述べる際に用いられます。例えば、「このレストランは美味しい料理があり、しかも雰囲気も良いです」という文では、美味しい料理がポイントであることを強調した上で、雰囲気の良さをさらに追加しています。

言い換え・類語の詳細

1. さらに
2. その上
3. おまけに

『しかも』のビジネスシーンでの使い方と言い換え

ビジネスシーンでの『しかも』の使い方では、重要なポイントや利点を強調する際に用いられます。例えば、「この商品は高品質で、しかも競合他社よりも安価です」という文では、高品質であることを強調した上で、競合他社よりも安価であるという利点をさらに追加しています。

言い換え・類語の詳細

1. さらに加えて
2. その上で
3. おまけに

まとめ

『しかも』は、前述の事柄にさらに追加の事実や情報を示す接続詞です。日常やビジネスシーンでの使い方に応じて、さらに追加のポイントや利点を強調する際に活用することができます。適切に使い分けて、より効果的な表現を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です