『賜る』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

『賜る』の言い換えとは?類語の意味や使い方を解説

この記事では『賜る』の意味や類語や言い換えを例文を交えてわかりやすく解説させて頂きます。シーン別の使い方や言い換えれる表現を理解してしっかり使い分けましょう。

『賜る』の意味と使い方とは

「賜る」とは、他人から何かを与えられることを意味します。主に謙譲の表現として使われ、相手からの恩恵や贈り物を受けることを表します。また、謙譲語としても用いられるため、自分が行う行為や自分に対する尊敬の意を表すこともあります。

例文

1. 先生から賢いアドバイスを賜りました。
2. ご指導を賜り、大変感謝しております。
3. この度は貴重な経験を賜り、心から感謝しております。

『賜る』の日常使いでの使い方と言い換え

「賜る」の日常使いでは、謙譲の意を表す場合に使われます。以下には「賜る」の代わりに使える言い換えをいくつかご紹介します。

言い換え・類語の詳細

1. いただく
2. いただける
3. いただきます
4. 授かる
5. 受け取る

『賜る』のビジネスシーンでの使い方と言い換え

ビジネスシーンにおいて「賜る」は、上司やお客様からのご指示やご意見を受ける際に使われることがあります。以下には「賜る」の代わりに使える言い換えをいくつかご紹介します。

言い換え・類語の詳細

1. いただく
2. いただける
3. いただきます
4. 受け取る
5. 受け入れる

まとめ

「賜る」とは他人から何かを与えられることを意味し、謙譲の表現として使われます。日常生活やビジネスシーンで使い分けることが重要であり、代わりの言い換えもいくつか存在します。適切な場面で正しく使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です